2009年05月21日

本屋でアルバイトするにはというかアルバイトをするためには。

今日も見に来てくれてありがとう。

アルバイトって、確かに就職するのに比べたら楽やでいろんな面で。

面接も厳しくないし、履歴書も簡単でええし

でも。

最低限、アルバイトでもやらなあかんことってあるやん。


本屋のアルバイトは、僕の感想からすると楽や
やから、書店でアルバイトしたいって思う人もおるんかもしれん。

でもな。

アルバイトの電話で、こんな人がおる。

「どうしても、週5回働かないとダメですか」って。

ちゃんとアルバイトの条件読んでます??


週5回ってあったら、週5回。

週3〜4は働ける人ってあったら、
週3〜4以上は入れるってことやろ。

びっくりするわ。
条件について質問されるんは。

アルバイトは確かにただの金稼ぎなんかもしれんけど。

でも、せっかく働くんや。


自分が何を得たいか。
自分が何をやりたいか。


アルバイトの面接受ける前に考えたらいいと思う

そしたら、いい面接できるよ。

落ちてもその人のせいやない。

他に経験者とかおっただけや。

やから、アルバイトでも仕事は仕事や

自分がその仕事で何を学ぶのか。

そこを考えたら、全然違うと思う。

なんか説教くさくなったな。ごめんなさい。

では。
posted by センゴク at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 本屋でアルバイトするには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。