2009年06月09日

任天堂“驚き”を生む方程式


任天堂“驚き”を生む方程式



天下の日本経済新聞社が満を持して発売した本。

任天堂本!!

ソニーを超える技術力を持ちながら。
PSとPS2に勝てなかったニンテンドー64とゲームキューブ。

が。

DSとWIIによって、ゲーム界の地図は大きく変わることになる。


その裏側を綴った本です。

まず、驚いたのが

「構想を練り始めて半年」

とかね。


簡単に出てくるの。

その間、本当に地味な試行錯誤を続けていたんやろなって思う。

半年後とか。

3か月後とか、ざらに出てくる。

文章にするとすぐに終わってしまうような。
単純作業の繰り返しだったことがうかがえる。


もうね。

すごいわ。

やから、一流やわ。

世界を相手にできるわ。


本当にすごいです。
尊敬します。


ゲームのあり方について。
いろいろな意見はあるけれど。

僕はあってよかったと思う。
ゲームは。

そして。

できたら、WAで家族一緒に遊びながら。
この本の話もしてくれたらなって思う。

これだけの人が。

これだけの思いを込めて。
ゲームを作ってる。

それを知るだけで。

ただのゲームが。
かけがえのないゲームになるんちゃうなか。


この本に詰まった思いや熱は。
この本を読むことでしか得られへん。


どうか、手にとってほしい。

そんなビジネス書です。

任天堂“驚き”を生む方程式


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121170691
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。