2009年08月13日

万引きの賠償金

今日も見に来てくれてありがとう。

万引きの被害。

今日はそれについて書いていきたい。


まず、万引きの賠償金についてだけれど。

300円のものを盗んで。
3万円という賠償金を取った例があるので。

だいたい100倍と考えられる。



これは全然法外でもなんでもない。


万引きのために。
防犯カメラが設置されたり。
警備員を雇ったり。
店員が巡回したり。

たとえば、店員に15分の巡回を1日一回させるとする。

時給800円なら200円分ということになる。

30日ならおよそ6000円分ということになる。
10人店員がいれば1カ月で6万円分の人権費が払われていることになる。


万引きは100倍の賠償金を取れる可能性がある。


もっともっと認識されるべきだ。

万引きで潰れた店はたくさんある。


万引きで店が潰れる。
店に商品を納入する会社も。
その先の店がなくなれば収入減になる。

万引きは会社も潰すし。

それによって、不幸になる人々を生む。



こういう犯罪には厳罰。
そして、多額の賠償金を取れるようにしなければいけない。



日本の不況は政治家だけのせいではない。


モラルハザードが一因。


なら。


厳罰が一つの手立てとなるはず。


なんとか、新しい政府できちんと法律化して、国民全員にしらしめてほしい。
posted by センゴク at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版界の未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125610496
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。