2009年09月25日

発注のわずらわしさ

今日も見に来てくれてありがとう。

仙石です。


昨日は、行政書士の勉強も忘れて遊んでおりました。
まあ、たまにはこういうリフレッシュもいいもんです。

このブログを見て、お店に来てくださる方もいて。
頻繁に来てくださると発注も楽なんですが。。。。


そうばかりもいかないので。

発注の何が煩わしいって。
うちの店に電話が二つしかない点です。

大口の発注とかはどうしても電話でしたいですし。

でも、書店にはお客さんの注文された書籍の連絡。

と。

割と頻繁に電話での問い合わせ。
出版社からの電話。
他店からの電話。
上からの電話が割とあって。


そうアルバイトにシフトで割り振られた時間でできるかっつーと、できねー時が多い!!

のが残念。

書店での仕事を楽だと思ってる人が多いかと思うんですが。
いや、体としては楽なんですよ。

飲食店で働くような時間と力の勝負みたいなこともないですし。

でも、その日その日でいろんなことがあって。

時間が取られて。
おもに、よくわからん問い合わせで、時間を取られた挙げ句、クレーマーから罵倒されると、すげえ嫌な気分になります。。。。

せっかく、綺麗にした平台の上に鞄を平気で置いて立ち読みする客とか。

棚に戻さずにそこらじゅうに散乱した本。
棚には戻ってるけど、横向きに棚に入れてある本。

帯が破られてる本。

なんかなぁ。
精神的に来るんですよ。

自分が担当するジャンルがあって。
やっぱ、そのジャンルの本には愛着がわいて。
その本が心のない馬鹿な客のために、痛んだり傷ついたりする。

凹みますよ。

それを厳しく罰するもんもないんですから。

愚痴になってしまった。

何の話だ。

そう発注です。

そうそう苦労して頼んだ本が雑に扱われても腹が立ちますね!!


もう、何度も本屋辞めようと思いましたよ。
いらいらしますしね。
マナーのなってない客見るのが嫌で。
そういう奴に限って、ずっといますからね。

おかげさまで?
いろんなビジネス書をつまみ食いできますから。

そこのビジネス書に。
いらいらしないために。
自分をいらいらさせる人が多くいる場所に近づかないっていうのがあって。

それを実行するには辞めるしかないやないかい!!

と思ったり。

職場としてはかなりいいですがね〜。

これも、勉強やと思えばいいんですよね。

全然、話題がちゃうところにいきましたが。

今日は休んで明日出勤。

また、棚が変わってる。
どんな新刊が出てるのか楽しみです!!

ではでは。
posted by センゴク at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙石のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。