2009年10月01日

アルバイトだから結局おままごとなんですよね。

所詮、アルバイトだからなんにしてもおままごとな気がしてきている。

こんなサイトがある。

編集者.JP

本をつくる現場人は熱い。

そして、すごい。


自分ではしっかりしているつもりでも、どうもアルバイトという甘えが出てくる。


嫌や。
めっちゃ嫌や。

なんか、なんやろ。

給料増えるわけやないし。
いや、むしろ、シフトを調整されてて減らされてるわけやけど。


なんやろう。


なんか、なんだろうな。


いつまでも、書店でアルバイトしてるつもりはないし。
そうやからこそ。

もっと、ちゃんとしたい。

と思う、これはなんなんだろう。


ようわからんなぁ。

でも、ビジネス書売るのってめっちゃ楽しいねんな。
読むのも楽しいし。

そういうの伝えたいけど。
そういうことをポップに乗せるとなんかおままごとやねんな。

もうちょっと、何ができるか考えてみたい。
ラベル:書店 アルバイト
posted by センゴク at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 本屋さんの本音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。