2010年02月08日

民主党に訴えたいこと

民主党というか。

政権与党にどうしても訴えたいことがある。

それは、小売りを守る法案を作ってもらうことだ。

厳密にいえば。

情報の持ち出しの禁止
万引き
迷惑行為に対する処罰


これらの厳罰化、そして、防犯カメラの証拠能力を強く認めてほしい。

まず、小売りというのは、今の日本には欠かせない。
というか、商売において基本となる。

本屋で考えるなら。

出版社(物を作る側)
出版社の中に、作者も含まれるだろう。

これを運搬する運送会社。

集まった本を書く書店に配る取次会社。

そして、実際に売る書店。


書店の規模によるけど、やっぱり小売りと考えた方がいいんじゃないだろうか。

こういった商売にはこれだけの人たちが関係している。
一つ一つの利は少ないかもしれないが。
多くの人がこれにより収入を得ることになるのは明白。

だが。

犯罪者、迷惑行為を行うものがそのシステムを破壊する。

我が店では、新卒サラリーマン2人分の年収分の本が盗まれている。
売り上げで考えて。

僕が思うに。
万引きをなくすだけで、その経済効果ははかりしれない!!

防犯カメラに証拠能力を持たせ。
万引きを現行犯以外にも、カメラ映像で逮捕できるようにする。
画像解析ソフトの能力があがっており、十分可能だ。
さらに、賠償金を取れるようにする。
賠償金は盗んだ金額の100倍が妥当だろう。
防犯用の人員を配置する経費や防犯カメラ設置の費用を考えれば妥当。

さらに、本の内容を携帯に記録しようとする輩が多い。
これに対しても、罰則を儲けるべきだ。
悪質な場合は賠償金とともに、刑事罰も与えるべき。


金をばらまかなくても、法律をつくるだけでこの経済効果はすさまじいはずだ。暮らしを守るのは、何も経済政策だけじゃない。

悪をきちんと罰する。

これだけでかなり効果があるはずだ。

ぜひ、こういう法案をつくってほしい。

ラベル:民主党
posted by センゴク at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 本屋さんの本音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。