2011年08月13日

甲子園を見て思ったこと

京都代表、平安高校を応援していました。

惜しくも1回戦敗退。

9回の判定は、
微妙なところですね。

ただ、タッチアップセーフだったら、
1アウト2塁で、

2番バッター。

この状態でダブルプレーはほぼないから、
確実に3番までまわったことを考えると、

ああいうプレーは、ビデオ判定してほしいですね。

ストライクの判定とかは、
まあ、その日の運で、しょうがないけど。

点が入る入らないは、
ビデオ判定してもいいような気がします。

というか、球児がかわいそう。
あの熱いグラウンドで、

まったくミスのないジャッジがあることのほうが無理。
ミスをする前提で、どうしてやれないんだろう?

と思います。
試合時間が長くなるとかありますが、

今の技術なら、すぐに判定できるでしょう。

それに、一生に一度の舞台だから、
長くなっても、いいんじゃないかなぁ。

見ていて微妙な判定の多い試合で、
平安高校の生徒はかわいそうでした。

誤審と少しネットで騒がれていますが、
ビデオ判定できっちりやってほしかったですね。

あと、節電のために、

8時から試合をやるという間抜けなことを今年からやっていますが。。。。

ピーク時の節電が必要なので。第2試合が終われば、

第3試合を1時からじゃなくて、
16時からにして、
ナイター覚悟でやればいい。

電気は貯めれないのだから、
ナイターをやらないことが大事なのではなく、

ピーク時に試合をしないことのほうが大事。

これなら熱中症を防げるし、本当の意味での節電になる。

こんな誰でも知っているような節電知識もない連中が上にいるから、
球児にとってかわいそうな試合がちょくちょく出るのだと思う。

誤審で泣く高校球児が出ないように
祈っています。
ラベル:京都 誤審
posted by センゴク at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙石のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。