2009年07月08日

非常識な成功法則 神田昌典さん著の名作 勝間和代さんも読んだ。

今日も見に来てくれてありがとう。

今回は自己啓発のビジネス書の紹介。


非常識な成功法則


非常識の成功法則〜お金と自由をもたらす8つの習慣〜

ビジネス書の出版数からすると。
すでに古典になってますね。

勝間和代さんも、読み続けたいビジネス書として挙げています。
というか、この本のおかげで成功できたとも。


すごいビジネス書です。


多くの人に影響を与えた本であり。
そして。
読みやすい成功法則の本です。

8つの習慣のうち、一つでも続けられれば。
成功が近づく夢のような本。


欲望でも何でも利用して、まず成功すること。

そして。

そのあと、人にやさしくしよう。
そんなことも書いてあります。

神田昌典さんの代表作
↓↓
非常識な成功法則

2009年06月28日

売国者たちの末路の売れ行きの感想。

今日も見に来てくれてありがとう。




植草教授の刑が確定してまいました。


結局、裁判では真相はわからない

検証して一応のルールで裁くだけだ。




植草教授の一連のことが嘘だっとか。

そんなことはわからん。

けど。


なんかあるんかもしれん。

と思ってしまう。


刑が確定したから。

この本がどうなっていくかわからんけど。


一度、読んでほしい本や。

本の内容は言えへんけど。

対談相手の副島さんは、税金はどんな形であろうと悪と思ってる人。


みんなこれ言うたら。

えーってなるけど。


よく考えてみて。


大事な税金のほとんどは、どう使われてるか。


副島さんの思想は行き過ぎって感じてまうけど。

もしかしたら。

それは、常識にとらわれてるだけかもしれへん。

正解なんてわからんけど。


もう少し、勉強せなあかんと思う。


それに。


やからって、税金を払わないのがいいって話にもならん。


年寄りの犯罪も増えてるけど。

日本を支えてきはったんも事実。


いろんなことを学びながら。
これからも進みたいです。

ほな。

2009年06月09日

任天堂“驚き”を生む方程式


任天堂“驚き”を生む方程式



天下の日本経済新聞社が満を持して発売した本。

任天堂本!!

ソニーを超える技術力を持ちながら。
PSとPS2に勝てなかったニンテンドー64とゲームキューブ。

が。

DSとWIIによって、ゲーム界の地図は大きく変わることになる。


その裏側を綴った本です。

まず、驚いたのが

「構想を練り始めて半年」

とかね。


簡単に出てくるの。

その間、本当に地味な試行錯誤を続けていたんやろなって思う。

半年後とか。

3か月後とか、ざらに出てくる。

文章にするとすぐに終わってしまうような。
単純作業の繰り返しだったことがうかがえる。


もうね。

すごいわ。

やから、一流やわ。

世界を相手にできるわ。


本当にすごいです。
尊敬します。


ゲームのあり方について。
いろいろな意見はあるけれど。

僕はあってよかったと思う。
ゲームは。

そして。

できたら、WAで家族一緒に遊びながら。
この本の話もしてくれたらなって思う。

これだけの人が。

これだけの思いを込めて。
ゲームを作ってる。

それを知るだけで。

ただのゲームが。
かけがえのないゲームになるんちゃうなか。


この本に詰まった思いや熱は。
この本を読むことでしか得られへん。


どうか、手にとってほしい。

そんなビジネス書です。

任天堂“驚き”を生む方程式


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。