2009年07月09日

赤字覚悟のプリウス、利益確保のインサイト

今日も見に来てくれてありがとう。


プリウスとインサイトどちらが、上か。

まあそれは実際に乗る人にしかわからんけど。

本屋でアルバイトしてる身には車の話なんて関係ないっすが(笑)


プレジデントという雑誌で、ホンダの代表取締役さんがこんなことを言ってます。


赤字覚悟のプリウス。
利益確保のインサイト。


そんなこと言って大丈夫なんかい!!

という突っ込みはおいておいて。


これが事実とするなら。

今の時点で、プリウスが上だったとしても。

将来性があるのはインサイトになる。

だって、利益があるからこそ改良のための投資ができるからだ。

プリウスがもしインサイトより利益が劣っているなら。

それはホンダとトヨタの技術の差と考えられる。


トヨタが契約社員の方を切り、社会不安を呼んだツケがここで出てきているのかもしれない。


商売の基本は。

低価格高品質を実現すること。
それができた会社が爆発的な利益を得ると言われています。


だとするなら。


ホンダとトヨタの車バトル。

どうなるか。

ってそういうことになってまいますね。


どうなるか。
車産業の動向に注目です。

では。



posted by センゴク at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 車な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

プリウスVSインサイト

今日も見に来てくれてありがとう。

プリウスとインサイトの販売争い。
プリウスとインサイトの能力争い。



それらが、し烈になっている。

サブプライムローン問題で、車市場が暴落。

あおりをくらったトヨタらが大幅な人員の削減を行った。
日本を支える車産業が、厳しい時代に厳しい処断を社員に行った。

派遣だろうがバイトだろうが。

その会社の一員。

それらを簡単に切った車会社。

プリウス、インサイトの話題でそれらが消え去りそうですが。


トヨタの脚を引っ張るのは、派遣切りだろう。


さて、自動車で大事な部分はなんだろう。


買う人。
そして、作る人。

当たり前だけど。

車を買う人がまず減ります。
この人たちがまた盛り返したとして。
トヨタの車を買うだろうか。

買わないだろう。

さらに、車を作る過程には絶対に人の手は欠かせないはず。


会社の上役よりも。
いい車をつくるにはそこにいる人々の情熱やら熱意がいります。

それらを切ってしまった大手車会社。


その償いをする方策を模索しなければ。

プリウス、インサイトで盛り上がる車業界も先細りしかないだろう。



そう思う。

では。


posted by センゴク at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 車な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

新品の約1/4の価格!『自動車バッテリー』

今日も見に来てくれてありがとう。


今日は、こんなものに注目してみました。

再生バッテリー。

車のバッテリーです。

出荷基準は以下のようになっているそうです。

出荷基準は電圧12.5Vから12.7V以上。比重1.25から1.27以上。CCA(始動能力)は新品バッテリーの90%から100%。満充電、洗浄後出荷。



リデュース。
リユース。
リサイクル。


という会社の姿勢を示していますMASHIKIDENCHIが再生バッテリーを提供してます。


さらに、益城電池の再生バッテリーは10倍から20倍のCO2削減が期待できるそうです。

リサイクル商品や中古商品というのはその改良コストから、値段が高い印象もありますが。
もちろん、商品による部分は大きいのですが。


状態の良いものを回収し、リサイクルすることは。
実は出来上がってるものを直すわけですから。

その知恵と技術があれば、当たり前ですがコストは下がるわけです手(チョキ)

もうできてるんですから。

しかも、ここは1年間の保証付きです。

あと、1年で新車に変えることを考えてたり。
もう少し今の車を使いたかったり。

そんなときに候補にいれておくのもいいと思いますグッド(上向き矢印)


エコで財布にやさしい再生バッテリーひらめき

知っておくといいと思いませんか??

ホームページはこちら。
↓↓





新品の約1/4の価格!家計にも地球にもやさしい再生バッテリー
posted by センゴク at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 車な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。